ウーマン

メディカルアロマでストレス皆無|理想的な治療

教育の方法の変化

勉強

医師と歯科医師の資格

日本では医療に関する資格が、たくさん存在しています。そうした医療に関する資格の多くは、専門学校における教育から、ほとんど始まっています。例えば明治のころの医師の資格は、専門学校で取得していました。しかし医療が進歩する中で、医師の資格の取得には、大学教育にメリットがあると認識され出します。結果として現在の医師の資格は、大学の医学部に入学しなければ、取得できない仕組みです。同様に歯科医師も明治のころは、専門学校における教育でした。しかし医師に追随するかたちで、歯科医師についても専門学校から大学へとシフトします。そして現在では、歯科医師も大学の歯学部に入学して、初めて資格が取得できるようになっています。このように医師と歯科医師は、大学教育にすることで、高度な医療に対応できるようになりました。

看護師の教育

このような大学における教育は、医療全般の資格に波及するようになっています。なかでも顕著なのが、看護師を養成する大学の増加です。少し前までの看護師の資格は、専門学校に通って取得することが一般的でした。しかし看護師の行う医療業務も、高度になってきています。例えば医師が行う手術をする際の術式は、細分化されて専門医制度が設けられるようになりました。するとそれをサポートする看護師にも、専門的な技術が必要です。そこで看護師の場合も、認定看護師制度が普及するようになりました。こうした高度な知識や技術を身に付けるには、専門学校よりも大学のほうが適しています。このような特徴があるために、最終的に看護師も大学教育が増加しています。